東京都町田市のボールパイソン専門店。輸入、繁殖、販売を行なっています。

【交尾】ボールパイソンの繁殖方法を解説

deu-reptiles
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
deu-reptiles
詳しいプロフィールはこちら

蛇屋のヒロアキがYouTubeで解説中!

動画でお話ししている内容はこちら↓↓↓

こんにちは。蛇屋のヒロアキです。
今日は、驚くとボールのように丸まる習性を持つボールパイソンの交尾。
こんな感じになっていくんだよという事をご紹介したいと思います。

大体ですね、ブリードシーズン
交尾の時期になると9~10月から始まるかなと思いますが
温度が下がってきた時に交尾を始めていくんですけど
オスのケージにメスを入れる人と
メスのケージにオスを入れる人がいますが
僕の場合は、メスのケージにオスを入れる事の方が多いと思います。

最初は、こんな感じです。
全然やる気ない(笑)
オスのやる気次第なんですね…

ウンコしてるし(汗)

オスが積極的だと交尾が始まっていく事が多いんですが
最初はこんな感じですけど…

だんだんと距離が近くなっていって、交尾してもいいかなってなってくると
こんな感じで、尻尾が近づいていくわけですね。

尻尾をペシペシやっていたり、上を見上げるような素振りをしたりして
合図を出し合いながら、だんだんと性器が近づいていって、絡むような指切りになっていくようになります。

これは、パステルバニライエローベリーとグラベルホットラベンダーなので
産まれれば…卵ができてうまくいけばパステルハイウェイとか産まれればいいなって感じですね。

こうやって、何回か掛けたり、ペアを変えたりしながら、卵を産んでくれればいいなって
ブリーダーは思っているわけです。

交尾しやすくするために餌を抜いたりとか、温度を少し下げたりして
生存本能なので、子孫を残さなければいけないっていうスイッチが彼らに入ると
交尾しやすくなります。

寒いとかお腹減ったとかなると、死ぬかもしれない
あー、交尾しなきゃ、こども残さなきゃってなっていくので
やり過ぎると生体にも負担がかかるので、ちょうど良いところ、負担をかけ過ぎないところを見極めながら、卵を産んでくれたらいいなって僕らは考えてるわけです。

ちなみに、このメスは昨日交尾して終わって一段落って感じですね。

今日は、ボールパイソンの交尾。こんな感じでやってますというのをご紹介しました。

YouTubeではボールパイソンの飼育やモルフ(品種)紹介をしています


Deu-ReptilesのYouTubeでは、日々ボールパイソンのモルフ(種類)や飼育、餌やりなど、分かりやすい情報をお届けしています。ぜひチェックしてみてください!

LINEで耳より情報を配信中

ボールパイソンにまつわる耳より情報や、入荷の最新情報をいち早くをLINE公式アカウントで発信しています。
ぜひご登録を!!

他では出さない特別なご案内などもお送りしますのでお楽しみに。^^

この記事を書いている人 - WRITER -
deu-reptiles
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ボールパイソン専門店 Deu-Reptiles , 2020 All Rights Reserved.